当クリニックでは以下の検査を行っております。

●胃内視鏡

電子スコープを用いて検査します。2017年に、オリンパスXP290Nを導入しました。通常の内視鏡の約1/2の細さ(直径5.4mm)のため、苦痛の少ない検査が可能です。検査結果は、診察室のパソコン画面で検査終了後すぐにご説明できます。胃・十二指腸潰瘍や胃癌の重要な原因とされているピロリ菌(Helicobacter pylori)の検査も施行可能で、適応のある患者さんには除菌療法を施行します。
この内視鏡は狭帯域光観察(Narrow Band Imaging = NBI)が可能です。「NBI」とは、2つの波長の光を照射することにより、粘膜表層の小さな病変の早期発見に有用な技術です。

また、当クリニックでは、感染症の予防の観点から、検査終了後内視鏡を内視鏡洗浄器を用いて全自動で洗浄します。日本消化器内視鏡学会が推奨する強力な消毒薬(グルタルアルデヒド)で検査終了毎に滅菌しますので安全に検査を受けていただくことができます。
直径5.4mmの上部消化管汎用ビデオスコープOLYMPUS GIF TYPE XP290N

胃内視鏡

エンドクレンズ-S(胃内視鏡自動洗浄機)

●超音波検査

腹部、心臓、頚動脈、関節を中心に検査します。超音波検査は体への侵襲がなく、短時間で内臓のさまざまな異常をスクリーニングできます。 頚動脈エコーは、内膜中膜複合体厚(IMT)を0.1mm単位で計測することで、動脈硬化の診断や、脳梗塞や心筋梗塞の危険性の評価ができます。脳梗塞を発病したことがある方や、動脈硬化の危険が高い方(高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙歴のある方など)に検査をお勧めしています。 パワードプラ法による関節エコーは、レントゲンでは異常を来さない早期の段階で関節リウマチの特徴である滑膜炎の有無などを検出可能で、早期診断に有用です。

●レントゲン撮影
胸部、腹部、関節などを撮影します。

●肺機能検査
呼吸機能のスクリーニング検査です。肺活量、1秒率などを調べることで、肺気腫、間質性肺疾患などの状態を知ることができます。また、気管支拡張薬をネブライザーで吸入し、その前後で呼吸機能を検査することで、気管支喘息があるかどうかも診断できます。

●呼気中のNO(一酸化窒素)濃度測定
気管支喘息において、気道に浸潤する好酸球の働きにより呼気中のNO濃度が上昇します。長引く咳の原因が気管支喘息や咳喘息かどうかを判断します。

●アレルゲン検査
当クリニックでは、通常の血液検査によるアレルゲン検査の他に、プリックテスト(皮膚反応)によるアレルゲン検査も行っております。各種花粉、室内アレルゲン(ハウスダスト、カビ、ペット抗原)など、症状に応じて検査しております。プリックテストの利点は結果が当日わかることです。患者さんと相談の上、検査方法を決定いたします。

●心電図
標準の12誘導心電図の他に、24時間心電図(ホルター心電図)も検査できます。ホルター心電図では、不整脈、虚血性心疾患(狭心症など)を24時間モニター可能で、循環器疾患の診断・治療に重要な検査です 。

●動脈硬化の血圧脈波検査装置による診断
生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)の本当の怖さは血管の疾患です。動脈硬化により心疾患、脳卒中(出血や硬塞)、腎臓病など重篤な後遺症を残すことがある疾患が引き起こされます。当クリニックではCAVI(Cardio Ankle Vascular Index)という測定方法による動脈硬化指数の測定を行っています。検査は四肢に血圧測定で使用するカフ(腕に巻く帯状のもの)を巻き、心電図と心音マイクを装着するだけです。検査にかかる時間は約10分で、患者さんの血管年齢がわかり、治療の参考になります 。

●糖尿病の迅速検査
血糖値のみならず、ヘモグロビンA1c(過去1〜2か月の血糖コントロールを反映する、糖尿病診療にとても重要な指標)も約10分で測定します。リアルタイムで検査結果を得ることできめ細かい糖尿病の診療が可能です 。

●栄養指導
当クリニックでは、コイケ薬局プラスワンの管理栄養士さんとタイアップして、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、腎臓病など生活習慣病の栄養指導を行っています。当クリニックで指導箋を発行し、コイケ薬局プラスワンで栄養指導の予約・実施をしていただきます。プロの栄養士さんから継続的で、きめ細かな栄養指導を受けていただくことができます 。

●各種血液検査・尿検査
結果は全てご本人にお渡ししています。学校・企業に提出する各種診断書に必要な検査も施行しております。大手の検査センターに委託しており、保険適応のある検査も、保険適応外の検査も可能です 。

●身体障害者手帳の申請
関節リウマチ、整形外科疾患などにより身体障害のある患者さんは、身体障害者手帳をお持ちになると、その障害の程度に応じて、医療、福祉、税制、公共料金などでさまざまな優遇措置を受けることが可能です。身体障害者手帳の申請に必要な診断書を作成いたします 。

●CT検査、MRI検査
これらの検査は病診連携により、主に草加市立病院に依頼し、施行していただきます(検査の費用は当クリニックでは一切かからず、病院に対する会計となります)。当クリニックで検査の予約を行い、患者さんには検査当日に予約票を持って病院を受診していただき、殆ど待つことなく検査を受けることができます。検査結果は草加市立病院の放射線科の専門医が診断し、当クリニックから検査結果を患者さんにお渡しします。結果により、必要に応じて各分野の専門医をご紹介します。中核病院の検査機器を診療所から利用できる便利なシステムです 。



© 2016 Hirata Clinic. All rights reserved